岐阜・石垣島・西表島の設計事務所です
http://www.kougei-arch.jp/index.html
西表島 干立 防風戸のあおり止め金物

「防風戸」は沖縄の建築のなかで最も大切な部品のひとつです。

 

台風に備えるためには、建物を低く小さく、窓を小さくすることが望ましい。

開放的な建物を造るなら工夫が必要です。

 

開閉する防風戸には あおり止め が必要です。

 

西表島の鬱蒼としたヤラブの森の建物としては、鋳鉄の可愛らしい金物が似合います。

 

しかし、建物を100年保たせるためには、頑丈なステンレスの部品を選びました。

 

平均的な日本の建物の寿命(27年)の4倍の寿命を想定して、頑丈な材料を使います。

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>