岐阜・石垣島・西表島の設計事務所です
http://www.kougei-arch.jp/index.html
師匠との対話 その他

本州滞在最終日 予定が詰まってしまいました。

/犹匯務所と石垣事務所 それぞれに合いそうな家具を父親の収集品の中から選びました。

 

多治見のタイルメーカーさんに赴き、前回のお取引のお礼と挨拶をしました。

 

J声劼旅渋だ澤廚隆愡海気鵑函⊆ヾ物件2件と、改修案件につき打ち合わせ後 楽しく話していたら4時間が経過していました。

 

せ笋了嫋△留野友明さんを事務所に訪ねました。

設計施工について ご相談出来る方は宇野さんだけなので、ご厚意に甘えて4〜5時間居たのではないかと思います。

師匠であり、恩人であり、水先案内人です。

 

「50代になるとアイデアが枯渇して苦しんでいる建築家を何人か見ましたが、いかがですか?」

『年々楽になるよ。デザインするのは 外国語で喋るみたいなもので、言葉を意識せずに話せるようになるまでには時間が掛かるよ。』

 

「北欧の大学から講演の依頼が来ているようですが、準備は大丈夫ですか?」

『建築家の講演はつまらないから、一期一会の即興で出来ると良いと思うよ』

『長田君も分かってきたと思うけど、一人一人の職人さんが自由裁量で決められる場所を造りながら、最終的にはオーケストラとして纏まるようコントロールする。 その辺りを伝えられると良いけどね。』

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atsuroosada.jugem.jp/trackback/579
<< NEW | TOP | OLD>>