逗子海岸の設計事務所です
http://www.kougei-arch.jp/index.html
Z軸としての技能講習など

今週は3泊4日で「木造建築物の組立て等作業主任者技能講習」を受けに本州に出張です。

 

その他、3月・4月に「足場の組立て等作業主任者技能講習」「玉掛け技能講習」を受けます。

 

現場を監督するのに必要な技能講習を取得していきます。

 

「レイヤー化する世界」でクリエイティブに働くために、レイヤーを縦に貫く独自の仕組みを造るため、ハードルを一つ一つを超えていくイメージです。

 

仲の良い瓦職人の根間さん曰く「僕も取りに行きました。若い子に交じってオヤジが一人。目立って目立って (笑)」

 

 

Internet of Thingsには水平と垂直があります。

 

今までに存在したモノやサービスがインターネットで横につながり、同じ品質の物であれば世界最安に受注が集中するのが水平のレイヤー。

 

一方縦のZ軸は、リアルの世界です。

 

AIとインターネット駆使して現実のモノや人、仕事の慣習を壊して再構成しますが、色々抵抗も多いし、時間とエネルギーとリソースが必要です。

 

私自身が作ろうとしている縦の軸が 人の感性なのか、才能なのか、モノの物理的な性質なのか、ソフトなのかハードなのか、過程で考えていこうと思います。

 

物件数が増えてきたため、スタッフさんかパートナーさんになる方を探す準備をしています。

 

〆邏箸僚萢量を増やす 付加価値を上げる の2種類の考え方があると思います。

 

マニュアルを作らず、繰り返しをせず、毎回の設計と施工において、そもそも論から考えていく仕事の仕方を維持するために必要なのは△世隼廚辰討い泙后

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atsuroosada.jugem.jp/trackback/539
<< NEW | TOP | OLD>>