逗子海岸の設計事務所です
http://www.kougei-arch.jp/index.html
2017年 年末所感 2018年 年頭所感 「移動する社会」の建築

↓施工中

↓2018年4月着工
↓2018年4月着工
↓2018年中着工を目途に計画中
↓2018年中着工を目途に計画中

岐阜の工事は計画中です。

 

2017年は、近い将来の「移動の自由がある社会」において「建物」「建てる」とは何か?を探る試みでした。

 

「誰もが自由に移動する社会」

会社単位→個人単位の働き方に変わり、時間と場所に縛られない働き方に変わっていきます。

 

「建物」

移動が自由になると、どこでも暮らせます。土地と建物を固定すること、建てることがリスクになります。

誰もが空間を一度は体験してみたい建物 シェアしてみたい建物だけが建て続けられるようになります。

建築家に求められるのは、魅力的な場所をシェアしたい空間に変換出来る能力。

 

「建てる」 

移動は自由でも建物は移動出来ないので、建設は土着のものです。

建物は、手入れしなければ維持できないので、建物は 腕と心根の良い職人さんと1セットです。

 

一方で、物流や人材が国境を超えるスピードは加速しています。良い物や優れた人材はどこでも求められます。

建物の何と誰をインターナショナルにし、何と誰を土着にすると持続可能か?組み合わせを試行錯誤しました。

2018年は、2017年に耕し、蒔いた種の最初の稲穂が芽吹く年になることを期待しています。

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atsuroosada.jugem.jp/trackback/535
<< NEW | TOP | OLD>>