逗子海岸の設計事務所です
http://www.kougei-arch.jp/index.html
瓦を探しに本島へ

沖縄本島・与那原に老舗の琉球赤瓦工場を訪ねました。

社屋の外壁は40年以上前に登り窯で焼いたレンガ貼。窯変した表情が迫力あります。

白っぽい瓦が焼けることがあるというのを聞いて来たのですが、他にも古色を施した窯変調の瓦など見せていただきました。

実際にこれらの瓦が葺かれた屋根を見るために、翌日は朝一で北部の名護へ。古民家を移築改修した料理店さんを訪ねました。

古い建物の改修では、新しい素材が古い素材に比べて目立ちすぎてしまうなど難しいのですが、窯変調の瓦が古い瓦によく馴染み、落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

 

さて、新規計画中の建物の屋根をどのような表情にするか・・・

悩むのもまた、楽しみのひとつです。

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://atsuroosada.jugem.jp/trackback/527
<< NEW | TOP | OLD>>